折込みパイのベリーデザート。

今日は啓輔の学校の参観日でした。
c0159248_1636641.jpg




社会科の授業で、ゴミについて考えよう、というお題。
とても勉強になりました~♪
漢字を頑張ってますね~!と先生から声をかけていただき、横で聞いていた啓輔も嬉しそうでした。
c0159248_16381232.jpg

褒められると嬉しいのは親も同じ。
はっ、もしかして、褒めて伸ばそうという先生の思惑に、私までまんまと・・・・・・。

さておき、褒め足りないのでおやつを作ることにしたわけです。
c0159248_16394240.jpg

こんな感じになりました。サクサクの折込みパイをカジュアルに。
特製カスタードクリーム、イチゴ、冷凍ラズベリーをテキトーに乗せました。

本日の私のお弁当はこちら。
c0159248_16403667.jpg

「chocoholic」という、私とは相反する名前のブランドが出しているお弁当箱。
汁椀付きです。
ベルトは赤い文字でロゴが入っていて、それがうるさいので裏返して使っております(笑)。
c0159248_16432136.jpg

真アジのフライ(先日仕込んで冷凍しておいたものです)、う巻き風卵焼き(さんま蒲焼缶使用)&大葉、エビとしめじ、ピーマンのキョウさん炒め、カレー風味ポテトサラダ(じゃがいもはなるべく食べない主義なので、ほんの少量)、間引き菜と豆腐のお味噌汁。
★ 私は普段から、揚げ物は衣を半分はがして食べています。重要。

はてキョウさん炒め とは。
中国にある父の合弁会社の女性スタッフ「キョウさん」は、父が出張で中国に行くと食事や掃除など身の回りのお世話をしてくださっています。小柄で化粧っ気のない、コドモみたいな中年女性です。
そのキョウさんが地場野菜をサッと炒めて出してくれるのですが、これがとてもシンプルで旨い。
私の実家ではシンプルな中華炒めのことを「キョウさん炒め」と呼ぶのです。
中国に合弁会社を持っているニッポンのシャチョーさんたちは、お手伝いさんが作ってくれた料理を「こんなモノ食えるか!」と5階の窓から放り投げたりするような行いも多いんだとか。
うちの父は現地スタッフと台所に立ち日本料理の作り方を教えてみたり、一緒に市場に行ったり、とにかくみんなととても仲良くしています。
大酒飲みで奇人変人だけど私が父を愛してやまないのは、そこら辺をよく見てきたから・・・かも。

こいのぼりが揚がる季節になりました。
日本の空に悠々と泳ぐこいのぼりは、私の小さな誇りです。

こんな綺麗なものを作った祖父や父、叔父にはかなわないけれど、
私も一生、何かを丁寧に作っていたいなぁ('∀`) と思ったり。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へファイブ ブログランキング
上記ランキングに参加しています。1クリック1精進。
ポチッとよろしくお願いしま~すヽ(o´∀`o)ノ ♪
[PR]
by maneki-basics | 2008-04-23 17:03
<< シュークリームですよ~。 ふんわり桜パン。 >>