K君のお誕生日ヒルズ。

c0159248_026793.jpg




今年も作らせていただきました。けっつぁんの大親友・K君のお誕生日ケーキ。
果物は、さくらんぼ、アメリカンチェリー、びわのシロップ煮、白桃シロップ漬け、みかん、
マスカット、名前忘れたけど紫の葡萄、ブルーベリーも。


c0159248_0315843.jpg

今回はK君のママのご希望で、マンダリンオレンジシフォンも。
以前、イベントでシフォンを買ったら美味しかったから^^とのことで、
とても嬉しかったです。

K君とけっつぁんは夏休みに遊ぶ約束もしているらしく・・・・・・・って、暦の関係で例年より少し長い夏休み、
もうすぐそこまで迫ってきてますね!!

12歳になったK君、お誕生日おめでとう。
けっつぁんがいつもゴロゴロ猫みたいに甘えてごめんねー^^;。


さて、先週の話を少し。
たくさんの食材を買い込み、元気いっぱいにパンやお菓子を焼いた日。
前記事のパウンドケーキと、まだアップしてないけどDEAN&DELUCAレシピのパンなどを焼いて撮影し、
晩ごはんも作って、本当に普段通りに過ごしていました。
夜は0時に寝て、異変を感じて起きたのが夜中の3時。
少し動いただけで天井や壁がぐるぐると回り、どっちを向いてもどうにもならない酷い目眩に襲われ。
どんなに貧血になってもここまでの目眩は経験がなかったので、一瞬「こりゃエライことになるかも・・」と
ヒヤリとしたのですが、元々耳に少々難アリの私。
すぐに、耳の不調から来る目眩では?と思い直し、だとしたら死ぬような病気ではないな、と
ひたすら朝まで耐えることに。

ただ、その時点ではお医者様の診断も出ていないわけだし、9割大丈夫と思えてもあと1割の
「死んでも不思議はないよーな目眩ですけどー」という不安もあり、
布団に包まったまま、とにかく朝が来るのを待ちました。

起きてきた冬彦には目眩が酷いことを伝え、けっつぁんがボウルを持ってきてくれたので
ひたすらリバース(;;)。
心配されつつも「まぁイケると思う」と二人を送り出し、重度の船酔い状態のままほぼ寝たきりに。

目眩が治まっている間を縫って手元の携帯電話で目眩について検索。
ふむふむ、ははーん。やはりこれは耳だな。だから大丈夫。けど一応耳鼻科行かんとな。

そんなこんなでその日の晩ごはんは冬彦が調達してくれて、
翌日は仕事の合間に耳鼻科に連れて行ってもらうことに。

「良性発作性頭位眩暈症」との診断でした。
よくある目眩で、心配はないそうです。
詳しくはコチラで。

私の場合、症状が酷くて動けなかったのは3日間ほど。
回転性の目眩があるうちはもちろん車の運転もできませんから、晩ごはんは冬彦が毎日買って帰ってくれました。
近所にある手作り惣菜のお店でお惣菜を何種類か買ってきてもらって、
ご飯だけは私が炊きました。炊飯器使用だから「炊きました」ってほどでもないけど、
まるで船酔いでもしているかのような状態ではお米を研ぐのもなかなか大変。
つくづく、健康でないと何もできないんだなと思い知らされたわけです。

買ってきたお惣菜が並んだ食卓を見て、ものすごい使命感に駆られて作ったのが
いつかの記事に書いた、おにぎりでした。
おにぎり美味しい!と二人が喜んでくれて、またすぐ元気になっておかずも作るよ~と
私も少し気持ちが軽くなった。

その後は私が何かパタパタと動いているとけっつぁんに「寝てないと!」と叱られ、
ティッシュやボウルや毛布や麦茶など、けっつぁんセレクトの看病セットにぐるりと囲まれ、
ひたすら寝転んでいたというわけです。

それでもまぁ、3日もすればPCで病気について検索するついでにブログ更新もできたし、
私の症状は軽い方だったのかも??

長々と書きましたが、またコメント欄開けておりますので、
同じ症状を経験された方がおられましたら、是非お話聞かせて下さい。
大丈夫とは判っていても非常にしんどい回転目眩。
再発もあるらしいので、上手な付き合い方を模索中です。

     にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 
[PR]
by maneki-basics | 2010-07-02 01:37
<< ブルーベリーマフィン。 ナッツとマルチシリアルのパウンド。 >>