お弁当&あの頃のごはん事情。

c0159248_3144094.jpg




昨日のお弁当。
雑穀米と鶏と大根の煮込みの組み合わせは雅姫さんの本を観てから、時々真似をしています。
調味料は目分量。
他に、塩鮭、卵焼き、きんぴら。



実は今年の春、単独で東京旅行を予定していたのですが、
1年後にちょっと楽しい予定が入り、それに合わせて旅行も来春に延期することにしました。



岡山から新幹線で夜の東京に乗り入れると、到着の少し前、東京タワーが出迎えてくれます。
専門学校での2年間を過ごした東京。
新幹線から東京タワーを観る度、訳の解らない涙がホロホロとこぼれてきて、
アウェイだけどホーム・・・なような、やっぱりどうしたってうまく表現できないけれど、
私にとって大切な、思い浮かべるだけでいろんな気持ちが溢れる街だと痛感します。

私が通っていた音楽の専門学校には食堂はなくて、すぐ近くの文京区役所の食堂はよく利用したし、
学校の隣りにあった「市場」にも毎日のように行っていました。

おにぎり屋、惣菜屋、八百屋、それぞれの店で他愛のない話をしながら買い物をして、
学校の裏の公園でお昼を食べたりも。

塩にぎり2個とほうれん草オムレツ、ひじき煮の組み合わせが好きだったなぁ。
時々行く揚げ物屋のおじさんはいつも愛想が良くて、ささみチーズカツが最高に美味しかった!
卒業して10年近く経った頃に一度友達みんなとその市場に行ったけど、
おじさんが私を指差して「あっ!アンタ!!」って。ちゃんと覚えてくれてました。あはは!

暮らしていたのは女子寮で、朝夕の食事はついていたのだけど、
苦手なメニューの日には近所のお惣菜屋さんでおかずを買って帰ることもしばしば。
メニュー表を見て、自分が食べられないもの(ミートソースパスタやトマト煮込み系)の日には必ず。

余談ですが、ご近所に「仮面ライダーX」が住んでいて、そのお惣菜屋さんでよくお見かけしました。
アンニュイな雰囲気漂うおじ様といった風情で、なかなか素敵でした。

2年間の東京生活に於いても食べ物にまつわる話は尽きませんが、
なんかこうして思い起こしてみると、親元を離れた学生にしてはまともな食環境にいたのかな、という感じがします。

・・・・と言っても、当時から和食が好きで常にバランスを考えていた・・・・とかいう訳ではなく、
食事はきちんと摂りなさい、というのを両親からしっかりと教わっていたことが大きかったんだなぁと思うのです。
上京してすぐは解放感もあり、地元にはなかったコンビニが至るところにあるという珍しさに嬉々として
「チーズ蒸しパンと午後ティー、最高!」的なお昼ごはんが続いたこともありましたが(笑)。


いつかけっつぁんが家を出て独り暮らしをしたら、ちゃんとしたものを食べて暮らせるかしら。
そうできるように、大事なことをきちんと伝えられるといいな。と思います。


来春。
大好きで、心から尊敬している友達の新しい人生がスタートします。
昨日の夜、電話で話して、私もたくさん元気をもらいました!
食べることを大切に、いつも真剣に子供と向き合い、自分の夢も諦めない。
素敵です!!
私も頑張ろっ^^。


今日もお越しいただき、ありがとうございます。
お手数ですが、ポチッと押して下さると励みになります。
いつもありがとうございます.☆.。.:・°



      ↓  ↓  ↓
     にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 
[PR]
by maneki-basics | 2010-03-25 04:37
<< こどもお菓子教室(スコーン)。 桃ちゃんのお誕生日ヒルズ。 >>