ハーブ・ソルトを玄関に。

c0159248_3272211.jpg




日曜日に、けっつぁんの大親友ケンちゃんが我が家に泊まりに来ます。
夏ぐらいから約束していて、晩ごはんのメニューから何をして遊ぶかなどなど、
けっつぁんと相談すること数ヶ月。

秋頃から私が何かと多忙だったため、年末大掃除はいつもより仕事が溜まってる感が
ありますが、得意の夜なべでどうにかこうにか。
先程、やっとこさ年賀状も仕上がりました。・・・・ふぅ。

今日一日でまだまだ片付けの追い込みをしなくてはならないのですが、
どうやら私は典型的な、集中力が続かないタイプ。
引き出しの整理をしていて出てきた写真を眺めてお茶を飲んだり、
捨てる前の雑誌を読みふけったり。
これ、仕事としてやっていることだとしたら、半日でクビになるかも。

これをあそこに、これはそこに、これは・・・・どこに置こう。
そんなあれこれが床を占領しているのを横目に、
玄関に壁付けの花器を取り付けたり。

お清めの「盛り塩」がわりに、ハーブ・ソルトを飾ってみました。
盛り塩、実践したいとは思っていたのですが、どうもあのビジュアルが怖いんです。
洋風建築の我が家の玄関に盛り塩はものすごい違和感。
「何かよからぬモノが出るので仕方なく置いている」風になってしまう。
なので、こういう形になりました。

今年のクリスマスは静かに、でもこの上なく幸せに過ぎてゆきました。
ビーフシチュー、今回はちょっと丁寧に仕込んだのですが、
冬彦にえっらい褒められまして。
結婚して13年。実は新婚当初に作った「かき揚げ」以来、
料理を褒められるのは2回目。
たったの2回 ^^;
それが証拠に褒め言葉も 「かき揚げ以来のヒットだな!!」 でしたから~。

味覚がほぼ正反対の人と結婚して、何をどう頑張って作っても
「まぁ食える」程度の反応しかもらえない毎日は、普通ならちょっとしんどいのかもしれません。

結婚して初めて作ったお味噌汁をひと口飲んだ冬彦が慌ててスーパーに走り
「あさげ」と「ゆうげ」を大量に買い込んで来た時には
髪の毛が逆立って頭に角が生えましたが、それも今となっては笑い話。

笑い話・・・と言いつつも、死ぬ間際に余裕があれば絶対に
「あれは腹が立った。いや~あれはないよねー。」と文句言いたいですけど~。
来年は年男の冬彦、私より10歳年上なので、
普通に考えると死に際の恨み節を聞くのは私の役目になりそうです。(そんな話!)

年末って、いろんな思いが心に浮かんでは消え、浮かんでは消え、
その過程でなぜかマイナスイメージの思い出も良い方へ良い方へと変換されてゆくような
気がします。
毎年この時期は自分が心穏やかに暮らせるように心の中で慌しく変換作業をしています。

私はちょっとその、度を超したポジティブ人間なんでアレですけど。


くだらない長文にお付き合い下さり、ありがとうございましたm(_ _)m。
ケンちゃんが来る日には何かお菓子を焼こうと思っています♪
あとひと息、大掃除頑張りまーす!   
      

     ↓  ↓  ↓
     にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 
[PR]
by maneki-basics | 2009-12-26 04:21
<< べーグル。 ビーフシチューとリュスティック... >>