マンダリンオレンジのシフォンケーキ。

c0159248_4372514.jpg





頼まれ物で実家へ持参しました。
メレンゲを気持ち少なく、砂糖をほんの少し増やして。
レシピは公開した後もどんどん変化しております。
いつの日か、完璧なシフォンが焼きたいです(沈)。

実家では妹ハンモちゃんと甥っ子「おはる」、姪っ子「せいちゃん」達と
賑やかに遊んできました (´(エ)`)♪
一人一人、その子なりの成長。
何かができても、何かができなくても、その全てが愛くるしくてたまりません。

「おはる」の好物は、うどんとコロッケ。相変わらずのやんちゃぶり!
もう、むちゃくちゃです(笑)。
「せいちゃん」は生後10ヶ月にして一歩二歩と歩き始めています。

まねき母は畑で育てた野菜をくれたのですが、ブロッコリーを収穫する際、
「みほちゃん!この真ん中の大きいのをあげるから!」と意気揚々と(ちなみに台所の三徳包丁で)
カット。
あらまぁ、一番立派なブロッコリーを私に♥ と思ったのも束の間、
ぶつくさとつぶやく独り言に耳を傾けてみれば、
「この真ん中のを取ってしまえば、横からたくさん生えてくるんよ。それがめっぽう美味しいから。」
とか言うてるし。

その後は妹も加わって、まねき父は変人だ。そういえばまねき祖父も奇人変人だったと
実家の家系図を頭に広げつつ、代々受け継がれる変人DNAを追跡。
あまりにおかしな話が多くてゲラゲラと笑っていたら、
「お父さんが、自分と、おじいちゃんと、みほは変人。って言うてたよー。」と言われ、
変人に変人呼ばわりされたことに軽くショック。
加えて、変人チャートにまねき母が載らないのには納得がいかないという(笑)。

元々変人揃いの家に変人が嫁に来て、そりゃ変人が生まれるはずだわ。

そんなわけで、年明けには変人一族が集って新年会。
奇天烈な血筋に混じると何となく浮く感じの、極めてノーマル気質の冬彦にもやはり
親から受け継いだDNAは年々色濃く出てきており、
大のカニ好きの冬彦父と同じ顔して黙々とカニを食べるのです。
そしてその横にはまた、冬彦と同じ顔してカニに沸くけっつぁんの姿が。
ここ数年、新年会のお決まりの光景です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。
今日は焼き菓子をたくさん焼いています。
毎日のようにあれやこれやと作って食べさせているのに、
けっつぁんは「パイの実」に夢中です。

慰めクリックを、どうかひとつ。
いつもありがとうございますm(_ _)m。


      ↓  ↓  ↓
     にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 

[PR]
by maneki-basics | 2009-12-17 05:10
<< 焼き菓子のご進物。 オカベマキコさんのガラス&今年... >>