スコーン。

c0159248_2037839.jpg





メレンゲと同時進行で試作していたスコーン。
外サクサク、中はちょっとだけしっとりで、目指していた食感になりました。
直径4.5cmの抜き型で抜いた小さめサイズです。

イベントでのお菓子、今決まっているラインナップの仕込みや焼成時間を計算すると、
スコーンを仕上げる余裕があるかどうか・・・・といったところ。
うまくいけば販売の日に組み込めそうです。

明日帰国する中国・大蓮の二人に会いに、実家へ行って来ました。
みんなで食べる晩ごはん。
日本にいる間、李さんが何度となく作ってくれた水餃子も食卓に。
中国の家庭の味です。
見たところ、粉を捏ねてゆく過程はほとんど目分量。
大雑把に思えるのに、ものすごーく美味しいのです。
今回はお正月などによく作るという、皮にほんのりと砂糖が入った水餃子も。
これは具は入ってなくて、温かいおやつといった趣。
美味しかった!!

日本での最後の夜、ご近所からもたくさんお餞別が届いて、
中には明日、空港まで見送りに行くと言う人も。

一番寂しくなるのはきっと、まねき母。
まねき父は出張で家を空けることも多いので、
独りで過ごす日は離れにいる二人を呼んでご飯を食べたり、
逆に母がお邪魔して中国料理をごちそうになったり。
極めて親密に、本当の母娘のように暮らしていたから。

二人が日本に来たとき、楊さんの子供は5歳。李さんの子供さんは1歳。
小学校入学の晴れ姿を見られなかったり、いつの間にか言葉を覚えている我が子だったり。
明日の再会は、どんなに嬉しいだろう。

私も、水餃子の味はきっと一生忘れられないなぁ。。。
3年間、お疲れ様でした。
幸せな人生になることを、心から祈っています.☆.。.:・°


今日もお越しいただき、ありがとうございます。
ポチッとひと押し、よろしくお願いしますm(_ _)m。


     ↓  ↓  ↓
     にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 

[PR]
by maneki-basics | 2009-11-23 21:18
<< エスプレッソ・マーブル。 こどもお菓子教室(バターロール)。 >>