ミニドーム・イチゴ寒天&震災とチーかま。

c0159248_140510.jpg




寒天寄せの前菜を作りたかったんです。
c0159248_141675.jpg

なのに、気付いたら寒天液の中にいつも通り砂糖を入れていた。
c0159248_1414779.jpg

あちゃちゃーーー。・・・・だけど、

c0159248_1421246.jpg

・・・・・可愛いから許すヽ(o´∀`o)ノ ♪
寒天は普通に固めるともっとクリアになりますが、私は寒天液を氷水にあてて冷ます際、
ホイッパーで思いっきり泡立ててます!
そうすると気泡がたくさん、こんな感じに。


前菜の構想は、酢とシャンパンの入った寒天の中に、カットした甘夏(缶)やイチゴ、ハーブを入れるというもの。
そしてそれを、何らかの食材の上にのっけて、全体をバルサミコを使ったソースで食べるという。意味わかりませんね。
また今度作ってみまーす。残念。


今日は父子でポケモンイベント参戦の日。
早朝から出かけた模様です。
いつもなら父子ポケモンデーは、私は独りフリータイム制度が導入されます。
「神戸行くぞ」と決めて、「帰りは少々遅くなります」、と冬彦に承諾も得ていたのですが、
朝まで一睡もできず、出かけるのは断念。

ぁ~ぁ~ぁ~ぁ~ぁ~ぁ~ぁ~ぁ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

おかげで、神戸の友人と毎年この時期に催している「ベランダに並んで’ちーかま’食べて追悼式典」にも参加できず。
ベランダでチーかま(チーズかまぼこ)を食べるというのはですね、

震災当日に激しい揺れで目を覚ました友人・御厨(みくりや)が、
「びっくりして起きたら、あまり好みではない感じに模様替えされていた」
という部屋をぼーーーっと眺め、
1時間ほど経ってようやく外を観る勇気が湧いてベランダに出たところ、
ものすごい光景が広がっており、とても平常心ではいられないので何か食べなくっちゃと思って
「チーかま」を握ってまたベランダに出て、たくさんの人達が取り乱した様子で通りを行き交うのを観つつも
なるべく「なかったこと」にしたかったので、普段通り「朝ごはんはチーかま習慣」を遂行。
でもって、階上に住む兄(正確にはイトコ、同じ家で育ったので実の兄みたいな人)のことを思い出し、足がもつれるようにして階段を上がったのは、
それから更に1時間ほど経ってからのことだったそうで。

お兄ちゃんは、パジャマの上にありったけの服を着込んで、
玄関先でおかしな格好で座っていたそうです。
怖くて御厨の部屋に行けなかったんだって。

弟 「な~んもせんと座っとった」
兄 「俺の分のチーかまも持って裸足で走ってきた」

友人女子一同 「どっちも冴えんなぁ」

何度となく同じ会話を繰り返しつつ。
皆でマンションのベランダから見る平穏な神戸の風景に、白い息を吐いて、
チーかま食べて。

・・・・・近いうち、神戸には行かないと。


いつ襲ってくるか解らない自然災害です。
備えておくこと、忘れずにいることはやっぱり大切かと。
今日も周りに在る小さな幸せに、心からの感謝を。

今日は、チーかまでクリック。
プニョン♪プニョン♪プニョ~ン♪
↓のコメントのお返事は、後ほど.☆.。.:・°


↓  ↓  ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 

ファイブ ブログランキング


[PR]
by maneki-basics | 2009-01-18 14:55
<< 市販品で冬のパフェ&変人DNA。 塩豚と野菜のレモンクリームパス... >>