ガトー・ショコラ&レトロ重箱でお弁当。

c0159248_7543659.jpg




「シェフ、本日のデザートは何ですか?」
晩ご飯の後に、冬彦から必ずこう訊かれます。
昨日は「何も作ってないよー」と言うと、戴き物の「ういろう」を一本丸ごと食べてました。
c0159248_7581458.jpg

ありがたい戴き物(絶品ういろう3本入り)もあとわずかになったので、
これでどうだ!とばかりに濃厚ガトー・ショコラを焼く。
c0159248_7592512.jpg

1ホール、きっと今日中にはなくなります。
c0159248_80647.jpg

だからカットした画像は先に撮影しておかなければ。
c0159248_804225.jpg

今日もジュワジュワな焼き上がり。

ガレット・デ・ロワで力尽き、本当ならばあと3~4日ぐらい
な~んにも作りたくなかったんだけど。
「お茶にしましょう」のnagorinの娘さんharuちゃん♪が焼いてくれた自分のレシピのガトー・ショコラを観ていたら、
何だか焼きたくなっちゃった。
haruちゃんありがとう。おかげで廃人にならずに済んだよ~(笑)。

さて、と。
寝てませーん。
なぜなら、冬彦にお弁当を作りたかったからです。
あと、啓輔の新学期が始まる日だから、ちゃんと朝ごはんを作って見送ってやりたかった。
c0159248_874446.jpg

レトロな重箱は本当は三段重。本日は二段のみ使用。
ちなみにこれはリサイクルショップで380円で購入したもの。

啓輔が始業式を終えて帰ってくるまで何とか起きていて一緒に食べるつもりのお弁当。
c0159248_883345.jpg

肉じゃが、セリの卵焼き、かぼちゃの天ぷら、ブロッコリーとしめじのゴマ和え(ブロッコリーの茎も入ってます)、
ウィンナー、サラダ菜、プチトマト。
しばらく買い物に行っていないので、大したものは入ってませんが。
奥側が啓輔の。手前は私のです。
冬彦の分は保温弁当箱に。お味噌汁つきです。


お弁当、できれば毎日作りたいと思ってます。
・・・がしかし、お弁当を作るとなると睡眠時間との兼ね合いから、
夜は寝ずにいて、冬彦のお弁当を作って啓輔を送り出して、
それから午前中に仮眠を・・・・というタイムスケジュールに逆戻り。

私は、日本一外に出て働きたがっている主婦なので、何とか、どうにか普通の時間帯に
眠れぬものかとここ数年いろいろと努力はしておりますが、
夫にお弁当を作り、子供に朝ごはんを作って食べさせて見送り・・・という
ごくごく普通のことをこなそうと思うと、夜は一睡もできません。

お弁当を作ることは傍目には清々しいことかもしれませんが、
私には本当にしんどいです。

それでも作りたいから寝ずに頑張る。
無理が祟ってしばしば寝込む。
これの繰り返しです。

だから、今年は無理はやめよう。
子供の朝ごはんを旦那さんに頼んだっていいじゃない。
まずは自分の体調を整えないと、やりたいことのひとつもできないし。

そう思ってはいるけれど、やっぱりお弁当を作ってあげたい気持ちが勝ってしまう。

わりと無理をしているのに、のんべんだらり系に見られがちです。

人生はしんどい。

しかし、お弁当はやっぱり旨いわけで。

何とかお弁当作りを続けられるように頑張ってみまーす♪



朝っぱらから愚痴を聞いてくださった皆様、ありがとうございます。
本当は私が何か差し上げたいくらいなのですが、
あいにくそういうシステムではございません。
ポチ☆ポチ☆ポチ☆~っと3つのクリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m。
ほんま、すんませーん。

↓  ↓  ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 

ファイブ ブログランキング


[PR]
by maneki-basics | 2009-01-08 08:52
<< 金柑のシロップ煮。 ガレット・デ・ロワ&あの頃はよ... >>