まねきヒルズ・デコレーション講座(前編)。

Maneki-Basics1周年記念・プレゼント企画実施中です。
ご応募はコチラから。


c0159248_1555633.jpg




たまには役に立つ記事を書こうか。
・・・・・そう思ったのが運のつき。
写真を撮りながらの作業、結構大変でした 。・°°・(>(ェ)<)・°°・。
どうにかこうにか細かく説明できそうなんで、写真多いですけどお付き合い下さいませ~。
まずはビスキュイ。
バターの入らないスポンジです。前日に焼き上げ、ナイロン袋に入れて涼しいところに置いておきます。側面、底面の敷き紙ははがさず、そのままです。
c0159248_1584776.jpg

当日、紙をはがします。
c0159248_1593798.jpg

側面はこんな感じ。
c0159248_15101221.jpg

トップの茶色い部分は取り除きます。
c0159248_15103049.jpg

そして3枚にスライス。
c0159248_1511393.jpg


生クリームはとりあえず200gを用意。これは下塗りの分。
乳脂肪分45%のものを使用。夏はあっさりと仕上げるため、下塗り用は35%、上塗り用は45%と2種類のものを使いますが、この季節は両方45%で。
氷水で下から冷やし、ボウルに生クリームを入れたら5分ほどそのままにしてキンキンに冷やします。
c0159248_15113568.jpg

私は生クリーム200gにつき、加える砂糖は8g。かなり少ないと思います。
c0159248_15124723.jpg

シロップは30度ポーメシロップと呼ばれるもので、検索すると作り方は出てくると思います。
私はいつも、シュガーカットをお湯で伸ばしたものを使うので、ここは割愛させて下さい。
ただし、スポンジには必ずシロップを打つこと!これは必須です。
大人だけで食べるケーキならば、少量のリキュールを加えても。
c0159248_15135527.jpg


一番下の生地を回転台に乗せ、シロップを刷毛で(ポンポンとのせていく感じで)打つ。
中に挟む果物は準備しておく。(缶詰やシロップ漬けのものは軽く水気を絞ること)
c0159248_15224892.jpg


キンキンに冷やしておいた生クリームをハンドミキサー高速で泡立てる。
c0159248_1525247.jpg

このくらいになったら低速に変え、8.5分立てにする。
(まねきヒルズは絞り出しが一切ないので、通常の9分立てよりは少し緩めでオッケーです)
c0159248_15271763.jpg

仕上がってゴムべらでまとめた状態。
少し緩いので、この後もう少しホイップしました。
肝心の画像がなくてすんませーん。

このくらいのっけて・・・
c0159248_1528145.jpg

イチゴを置きます。
c0159248_15284686.jpg

ケーキの中央には置かないのが鉄則。真ん中にも置いてしまうと、カットしづらくなります。
二段目も同様にシロップを打ち(この真ん中の段だけは両面にシロップを!)、生クリームを乗せ、白桃シロップ漬けを乗せる。もちろん、果物は好みのもので。
c0159248_15341739.jpg


残りのクリームで全体を覆うように下塗りをします。
c0159248_15344185.jpg

この段階ではスポンジが透けて見えるところがあっても大丈夫。
c0159248_15352295.jpg

箱に入れて冷蔵庫で30分寝かせます。

30分寝かせたら・・・・
次に用意する上塗り用の生クリームは100g。砂糖は4g。
これを同じようにホイップします。テキトーに塗りつけたら・・・・
c0159248_15355111.jpg

側面を、下から上へ、カーブに沿ってパレットナイフで模様をつけます。
c0159248_15402927.jpg

c0159248_1538284.jpg

パレットナイフはその都度ボウルのふちでクリームを落とし、綺麗な状態で作業して下さい。
下から上へ、ひとつの筋が綺麗に整ったら次は回転台をまわしてひとつ奥の筋をつけていきます。
その繰り返し。
c0159248_1538478.jpg

完成。

c0159248_15414166.jpg

ここで、またまた冷蔵庫へ。30分~1時間寝かせて下さい。
まねきヒルズには果物がたくさん乗るので、寝かせる工程を省くと仕上げのときに
クリームに雪崩が起きます。


・・・・・・と、写真が多過ぎるので今日はここまで。
ちょうど今2回目の寝かせ時間で、もう少ししたらトップの飾りつけをしたいと思います。
c0159248_15444239.jpg

珍しくベリーが種類豊富に手に入ったので、華やかなヒルズになるはずヽ(o´∀`o)ノ ♪
もちろん、姫りんごもありますよー♪

注:回転台に乗せる段階でもう金カルトン(台紙)に乗せて作業しています。
ケーキ屋さんはケーキをデコレーションした後に台紙に移すのが通常なんですが、この、
ケーキ一台をごっそり移動させるという作業が私はとても苦手で。
専用のケーキキャリー(薄っぺらい台に取っ手がついていて、底に差し込んで持ち上げられるもの)がない一般家庭の場合、
台紙に乗せてデコレーション、台紙についた生クリームはあとで拭き取る・・・という方が現実的なのでは?と思っています。
ここら辺はもちろん、お好きな方法で構わないと思いますので、臨機応変によろしくです。




もうすぐクリスマス。
手作りケーキに挑戦!という方も多いのでは?
せっかく綺麗に焼き上げたスポンジもデコレーションで台無しに・・・という声はよく聞きます。
少しでもお役に立てれば・・・と思い、私が普段している方法をご紹介しました。
何もかもが、ケーキ屋さんにあるセオリーとは異なると思いますが、
お役に立てれば幸いです.☆.。.:・°

「役に立つぞーー!」という方は、ポチ☆ポチ☆ポチ☆~と3つのクリックで
応援よろしくお願いしますm(_ _)m!!
明日はトップに果物たちを飾りま~すヽ(*´∀`*)ノ♪

↓  ↓  ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 思い入れのある大切なランキングです。いつも心のこもったクリックをありがとうございます.☆.。.:・°

ファイブ ブログランキング ←11月のノミネートブログに選出されました。

 ↑こちらが新しく参加したランキングです♪

上記ランキングに参加しています。1クリック1精進。
ポチッとよろしくお願いしま~すヽ(o´∀`o)ノ ♪
[PR]
by maneki-basics | 2008-12-04 15:58
<< まねきヒルズ・デコレーション講... プリンパイ。 >>